未払い残業代対策
お気軽にお電話ください 平日9:00~18:00
社会保険労務士なら東京のアクト労務未払い残業代対策トップ

未払残業代 数百万を請求される『危険な常識』!

残業代の支給が必要
  • 管理職には残業代を払わなくてよい
  • 営業手当を支給すれば残業代は不要
  • 年俸制社員には残業代を支払わない
  • ○○手当に残業代は含まれる
  • 歩合給だから残業代は不要

以上は、多くの会社で”当然の事”として行われています。
だから『うちの会社は未払い残業問題は無い』と考える経営者様も非常に多数います。

しかし、労働基準監督署や裁判官は、この”当然の事”を99%否定します。
つまり管理職も、営業手当を支給している社員も、年俸制社員も、「残業代を含む」とした社員にさえも残業代を支払わなければならない! これが非常に厳しい現実です!

内容証明が届いたら時遅し!数百万の支払は不可避!

裁判など司法の場に持ち込まれると、会社はほとんどの場合敗訴します。そして2年間さかのぼって残業代を支払うことに!
内容証明が送られてきたら既に手遅れです。示談するにしても、司法の場で争うにしても、ほぼ間違いなく~数百万円は支払わなければならない、これが現実です。

未払い残業代の請求・支払い例

役職:課長(残業代の支給なし) 基本給+手当:30万円
1万円残業:月平均30時間 退職後に未払い残業を請求してきた場合

請求額は、なんと150万円!さらに、最悪の場合は残業代未払いの懲罰金が同額付加され、裁判所より300万円の支払い命令が!

唯一の回避方法は事前対応のみ!

未払い残業代の請求リスクを回避するには上記「危険な常識」をすべて見直し、事前に回避策を講じる必要があります。『全員に残業代を払ったら会社が持たない』この意見ごもっともです。回避策を講じても人件費総額が上がらない方法を講じるのです。

お問い合わせ

サービス残業、未払い残業代の解決はアクト労務にお任せ下さい。サービス内容や費用などご不明点につきましては、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせはこちら