社会保険労務士(社労士)顧問なら江東区のアクト労務経営
労務顧問+給与計算が2万円から
お気軽にお電話ください。03-3604-5148 お問合わせ時間/平日9:00~18:00 〒1136-0071 江東区亀戸7-8-9
社会保険労務士は東京のアクト労務社会保険・労働保険の手続き一覧社会保険の喪失

社会保険・労働保険関係の手続き案内

社会保険の喪失届の詳細

提出事由

社員が退職した際、保険証を添えて申請が必要となります。

社会保険の喪失届

提出先

所轄年金事務所または健康保険組合

提出期限

退職から5日以内。 多少の遅れは問題なし。ただし手続きが1ヶ月以上遅れたら理由書を提出しなければなりません。

添付書類

健康保険証 保険証が回収できないときは備考欄にその旨記載が必要。

社会保険労務士から見た申請のポイント

退職後の国民健康保険・国民年金への切替

退職後に直ぐに他社で働かない場合は、市区長村で国民健康保険、国民年金への加入手続きが必要となります。手続きの際は退職日が確定できる書類(離職票や退職証明、源泉徴収票)が必要となります。なお手続きするのは退職者ご本人様です。退職者から質問された場合のご参考までに。

記載項目についての疑問

この書類なぜ、生年月日や、基礎年金番号、生年月日を記載しなければならないのか何時も疑問です。
それらデータは取得手続きをした際に、既に年金事務所提出済のデータです。よって本来なら会社の記号、退職社員の被保険者番号、退職日のみ記載すれば済む筈です。結局のところまだパソコンが普及せず、年金事務所も紙ベースの台帳によりデータを保管していた時の無残りに過ぎません。この書類一枚をとってみてもそう思わざるをえないのは、日々申請書を書きまくっている社会保険労務士の悲しい定めなのでしょうか??

お問い合わせ

アクト労務経営センターのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。サービス内容や費用などご不明点につきましては、お気軽にご相談下さい。

代行・アウトソーシングのお問い合わせはこちら