社会保険料はいつ天引きされるの?

社会保険(健康保険・厚生年金保険・介護保険)の保険料は、毎月の給与より控除されます。どのタイミングで控除されるかご存知でしょうか。入社時、退職時、保険料率の改定時など、いつ控除をしたらよいか見ていきましょう。

 

保険料の控除月とは

保険料の控除月は会社によって任意に対応できます。多くの会社では、翌月の給与支払い時に控除を行っています。当月控除も対応できますので、会社がどのように対応しているかによって変わってきます。

 

 

入社時の取り扱い

正社員で入社した場合、入社月より社会保険料は発生します。但し、翌月控除の会社は、翌月給与時より社会保険料が天引きされます。

 

例えば、

4月1日入社のAさん、当月末締め 当月25日払い、翌月控除の場合


4/1    入社日(資格取得日)

4/25   4月分の給与支払日(このときには社会保険料の控除はありません)

5/25   5月分の給与支払日(4月分の社会保険料が控除されます。)

 

4月1日入社のDさん、当月末締め翌月25日払い、翌月控除の場合


4/1    入社日(=資格取得日)

5/25   4月分の給与支払日(4月分の社会保険を控除)

 

退職時の取り扱い

従業員が会社を退職した場合、社会保険の資格喪失日は退職日の翌日となります。そして、資格喪失日の属する月は社会保険料を徴収しません。

 

例えば、

3月20日退職日のBさん、当月末締め、当月25日払い、翌月控除の場合


3/20   退職日

3/21   社会保険の資格喪失日

3/25   3月分の給与支払日(2月分の社会保険料を控除、3月分は控除しない)

 

 

3月31日退職日のCさん、当月末締め、当月25日払い、翌月控除の場合


3/25   3月分の給与支給日(2月、3月分の社会保険料を控除)

3/31   退職日

4/1   社会保険の資格喪失日

 

 

保険料率の改定された場合の取り扱い

翌月控除の会社は、翌月給与時より社会保険料が控除されます。
そのため、保険料率の改定が有った翌月より、改定後の料率が適用となります。

 

6月1日より保険料率の改定があったAさん(月末締め 当月25日払い、翌月控除)の場合


6/1   保険料率の改定

6/25  6月分の給与支払日

社会保険料率は改定前を継続(5月分の社会保険料を控除するため)

7/25  7月分の給与支払日

社会保険料率の改定(6月分の社会保険料を控除するため)

 

 

当月に入社・退職した場合

資格取得日と喪失日が同じ月の場合は、その1か月分の社会保険料を徴収します。

 

例えば、

4月1日入社4月20日退職のEさん(月末締め当月25日払い)


4/1    入社日(=資格取得日)

4/20   退職日

4/21   資格喪失日

4/25  4月分の給与支払日(4月分の社会保険料を控除)

 

 

 

おわりに


給与計算をしていると、わかっているつもりなのに、突然不安になることがあります。社会保険料の控除月は、簡単なようで、給与担当者泣かせの一つです。退職時、保険料率の改定時には、注意しながら業務に取り組まないとミスが発生してしまいますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です