9月分から厚生年金保険料が変わります!

家では二児の母、子育ても仕事も日々勉強中!
社労士事務所、給与計算担当の宮沢です。

皆様、平成29年9月分(同年10月31日納付期限分)から厚生年金保険料率が変わるのをご存知でしょうか。

平成29年9月分からの厚生年金保険料率は?

平成29年9月分より、
保険料率が18.182%(一般)から18.300%へと引き上げられます。
今回は坑内員・船員の料率も18.300%です。

現行
一般 : 18.182%(9.091%)、
坑内員・船員 : 18.184%(9.092%)

変更後
一般・坑内員・船員 : 18.300% (9.15%)

詳しくはこちらを参照ください
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/hokenryo-gaku/gakuhyo/20170822.files/1.pdf

通常、厚生年金保険料は会社と被保険者との折半なので、実際は、この半分の9.15%が私たちに関わってくる料率となります。さらに、4月5月6月の支給分の給与で算定基礎届を提出されたと思いますが、その算定基礎届で決定された標準報酬月額が9月より適用され、それに伴い社会保険料が変更となります。

ここで給与計算時に間違えてはならないのが、10月支給分の給与計算時に、新しい厚生年金保険料率と新しい標準報酬月額を変更させなくてはならないことです。

健康保険料の方は標準報酬月額が変更となるだけですが、厚生年金保険に関しては、厚生年金保険料と標準報酬月額の両方を変更させなくてはならないので特に注意しなくてはなりません。

給与計算担当にとってはなかなかの大仕事となりそうです。

しかし、厚生年金保険料は平成29年9月分を最後に引き上げがストップし18.300%で固定されますので、来年の9月以降は少し楽になりそうですね(笑)
(詳しくは厚生労働省のHPを参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000175945.html

それに加えて、さらに幣事務所の場合注意しなくてはならないことがあります。
一つの会社の給与担当なら上記を注意すればなんとかなります。
しかし、幣事務所は他社の給与計算をしておりますので、控除する月は翌月の会社だけではないということです。

社会保険料っていつ天引きされるの?

今月9月分より社会保険料が変更となりますが、給与から控除するのは原則翌月の10月支給分から、となるのが一般的です。しかし、中には9月分の保険料を9月支給分より控除するといった会社も少なくありません。

一般的には、9月に変更となった社会保険料を控除するのは10月給与分からなのですが、その頭でいってしまうと、当月控除の会社の社会保険料率を9月支給時に変更するのを忘れ、そのまま古い保険料で控除してしまった・・・もしくは翌月控除の会社を早まって9月支給分から新しい保険料を適用させてしまった・・・なんてミスも。

そうなると給与の調整処理も面倒ですし、社員が会社に不信感をもってしまうなんてこともあるかもしれません。

ミスをなくす弊所の取り組み

幣事務所ではそれを防ぐ為にチェックシートを活用し、その会社の控除月をまずチェックします。そして先月と相違がないか、申請している標準報酬月額と相違はないか、申請した人数と変更する人数に相違はないかをチェックしていきます。

そして給与担当がダブルチェックし、さらに顧客担当が最終チェックといったトリプルチェックを行っております。

みなさまも細心の注意を払って作業を行っていきましょう!

まとめ

厚生年金保険料は今回から18.300%で固定されます。
しかし、算定基礎届の提出は毎年のこと!算定基礎届によって標準報酬月額が変更されますのでご注意ください。

給与計算に自信のない方、お困りの方は専門家に相談してみるのも良いかもしれません。

~給与計算・労務手続きはアクト労務経営センターまでご相談ください~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です