圧倒的な速さと安さを社会保険労務士にお望みならアクト労務経営センター

〒136-0071 東京都江東区亀戸7-8-9日本象牙会館ビル402

社会保険労務士法人アクト労務経営センター
03-5875-463403-5875-4634 お問い合わせ

就業規則サンプル

社会保険労務士法人アクト労務経営センター > コラム > 就業規則サンプル

就業規則サンプル

就業規則サンプル

まずは就業規則に記載すべき項目、及び記載のポイントを以下説明致します。

就業規則に記載する事項

総則
就業規則の目的、従業員の定義、就業規則の適用範囲、規則の遵守などを記載します。「適用範囲」が特に重要です。

採用
採用基準、採用時の提出書類、身元保証、試用期間などについて記載します。弊社では本採用拒否の項目を追加しています。

労働時間・休日
仕事の開始時間・終了時間、休憩時間、休日、残業、休日出勤、遅刻・早退・欠勤などに関して記載します。

休暇
年次有給休暇、会社が任意に定める特別休暇、産前産後休暇、育児・介護休業などに関して記載します。通常、育児・介護休業に関しては「育児介護休業規程」を別に設けるのが一般的です。

人事(異動・出向・研修など)
異動、出向、昇進・降格などを規定します。ここに降格に関する定めをしていないと、裁判になった場合、降格が認められないと判決が出る可能性が非常に強くなります。

休職
休職期間を設けるかどうか? それは会社の任意ですがほとんどの会社でこの休職規程を設けています。一方安易に作成すると後々トラブルになる可能性が高い重要な項目ですので十分注意して作成する必要があります。

退職
自己都合退職や定年退職、一般退職に関して規定します。退職時の業務引継を義務化する場合は、ここに記載するのが良いでしょう。

解雇
懲戒解雇以外の解雇に関して規定します。通常退職と解雇で1章を構成しますが、弊HPでは画面の都合上別にしています。

服務規律
会社における行動規範の様なものです。身だしなみ(服装、髪色、化粧、ひげ、アクセサリー)など業種によっては事細かに規定する必要があります。問題社員を解雇しやすくするためにも「社会人としての常識」を含めて事細かに記載することをお勧め致します。

懲戒
大企業の場合はさておき、中小企業(特に小規模企業)にとっては問題社員を排除するための項目だと考えます。また、裁判になるとこの規定に記載されていない事由による解雇は原則否定されます。よって事細かに規定することが肝要です。

安全衛生・災害補償
労災防止、伝染病感染者の就業禁止、健康診断受診義務などを規定する安全衛生の章と、労災補償に関して記載します。

雑則
ソニーのプレステ、青色発光ダイオードなどで問題となった発明などに関連する項目などを規程します。

コラムトップページへ

お気軽にお問い合わせ下さい

アクト労務経営センターのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。サービス、顧問契約の内容や費用などご不明点につきましては、お気軽にご相談下さい。

03-5875-463403-5875-4634 お問い合わせ